事業所会議/研修レポート一覧

事業所会議

2019年9月 事業所会議議事録【抜粋】

≪こんな良い事見つけた≫

・(担当スタッフが)椅子を持ってきてくれて、その後台所で座りながら味噌汁を作ったわ、本当にありがとう。素敵な会社、スタッフで良かったわ。とお客様が話されました。
●管理者より⇒このお客様は長い間立っていることが難しく、鍋を火にかけたまま隣の部屋で休んでいると火にかけていたことを忘れ鍋を真っ黒に焦がしてしまったことをスタッフが聞き、椅子があればそんな事はなくなるのでは、という気付きから管理者に相談にきたケース。ちょうど椅子が余っていたのでケアマネに伝え提供した。

≪こんな事相談してみたいな≫

・研修時毎月有料駐車場を利用していますが、駐車場付きの会場に変更できないでしょうか。
●管理者より⇒駐車場付きの研修場は無い。できれば乗り合いで行ってもらえるとありがたい。そもそも申請は2台。当初の予定では事務所に集合して乗り合いで行くことになっていたはず。ご協力お願いします。
最近大津コミュニティセンターが混みあっているため、次回の部屋は和室になります。その次は衣笠コミュニティセンターです。間違えの無い様にしてください。

・基本のサービスを社長からもう一度スタッフへ研修として行ってほしい。初心に帰り、杏の実のスタッフのレベルを下げないために学びたいと思いました。
●管理者より⇒研修をしなくてもわからなければいけないことだとは思いますが、初心に帰りもう一度研修の前に自分で勉強する。フォローアップ研修ネット配信サービスもあります。この件はサ責会議でも議題に上がりましたが、サ責全員初心に帰りサービスを提供していく形を取っていきます。
研修は行います。何の研修がしてほしいか言っていただけたら助かります。

その他

◎特定処遇改善加算について
・特定処遇改善加算を取得します。
8月30日に「10/1付けで取得」の申請を出しました。

2019年8月事業所会議議事録【抜粋】

こんな良い事見つけた

・同じ利用者様に入っているスタッフ時間変更や日付変更の連絡を頂いたルート表が変更になっておらず会社側に確認をし、利用者様の抜け防止が出来た事。気がついたスタッフ有難うございました。
・昨日、一年に一回の契約更新。今年も無事にパスしました。今テレビで話題「コンプライアンス」私の勤めている会社は、しっかりと勉強して意味も理解出来安心して働ける会社で良かった・・・と心から思いました。研修に出ていて良かったです。
・訪問時、通りすがる方に挨拶をする様、心掛けています。見知らぬ方でも「暑い中ご苦労様。」など、労いの言葉をかけて下さる方が多く、仕事の励みになりとても嬉しいです。
・先日、利用者様宅からゴミを持って退室し、エレベーターで小学生の女の子が乗ってきました。一階に着くと、ドアを開けボタンを押し「お先にどうぞ。」と声をかけて下さる。私が「ありがとうございます。」と言うと、小学生の女の子は笑顔で「お仕事頑張って下さい。」と言ってくれました。しっかりした子供さんだなと思い心が温かくなりました。


こんな事は無くなって欲しい

・時間変更等、早めに連絡を頂けると助かります。
・ルート変更があった場合、ルート表に修正しスタッフへ連絡をする。決まりではなかったでしょうか?連絡がない事がよくあります。

こんな事が皆で共有できたらいいな

・有休でお休みする場合、早めに一言、言って頂けると助かります。こまめにルート表の確認はしていますが、うっかりがあると困るので・・。三方の連絡を心掛けていると思いますが、変わりのサービスの抜けがない様に宜しくお願いします。
・先日、お客様が熱中症で倒れていました。今一度、緊急連絡先の見直しをしてはいかがでしょうか。

その他

・8/1(株)ケアステーション杏の実が、皆さんのお陰で11年目に入りました。
・社会労務士の方より
会社・処遇改善・売り上げ等を見て頂き、完璧に近いほど出来ていますとのこと。(朝・晩と遅いケアもなく、完璧に近いルート)

フォローアップ研修ネット配信サービスについて

7月にお茶の水ケアサービス学院のネット配信フォローアップ研修を契約いたしました。
各自、空いている時間を利用し、どんどん活用してください。

2019年7月 事業所会議議事録【抜粋】

新規スタッフ

先月2名面接。1名は考え中。、1名は書類待ち。
管理者より⇒考え中の方の理由として、杏の実は他の事業所と比べて『いろいろなことが多い。』とのこと。最初から杏の実で仕事をしてきた人には当たり前で気にならないことが、他事業者からくると『やること(提出書類等)が多い』と感じる様子。杏の実のとしては、全員をサ責レベルまで持ち上げたいと思っている。モニタリングについてもケアに入っていない人間がいくら書いてもなかなか上手く伝わらないので現場に出ている人に記入してもらいサ責が確認している。それについても書類が多いと感じてしまうとのこと。

こんな良い事見つけた

・前日に社用車を取りに行く際、配車担当(I氏)が何時頃に戻る等あらかじめ連絡を下さいます。とても助かります。ありがとうございます。
・コンサルタントの近藤氏と社長とで面談を行うことにより、自分自身の見直しができた。
・「6/24に震度4の地震があったのよ。怖かったわ。でもね、ちょうどヘルパーさんがいてくださったのでとても心強かったわ。ヘルパーさんがいてくれて良かった。」と利用者様から笑顔で嬉しそうにお話しがあり、安堵されていることがとても良かったと思いました。
・車のオイルの足し方、点検方法等親切に教えていただきました。これで、これからオイルの継ぎ足しや点検等ができるので感謝しています。ありがとうございました。
・火曜日の配車が上手くいかず迷っていたら、あるスタッフがアドバイスをしてくれました。こういう配車の仕方もあるのだと思いました。
・同行をすると、ポイント、手順をきっちり教えてくれるので同行チェックシートにもたくさん記入できます。責任感もあり会社の質の向上にも繫がると思います。
・予定が入り訪問できないのでスタッフに代行を頼むと気持ちよく引き受けてくださいました。休みの日なのに受けてくださった方、ありがとうございました。
・お客様のところに荷物が届き空箱を潰そうとしたら、「いいわよ、水曜日の朝のヘルパーさんがいつも上手にまとめてくれるからその方に頼むわ。」とのこと。スタッフの長所を見極めて下さっているお客様に感謝するとともに、そのスタッフがきちんと仕事をしていることが嬉しく感じた。

こんな事は無くなって欲しい

・相手に直接伝えるのは難しいしとても勇気がいる事だと思うけれど、直接伝えないで周りに言って、周りから聞くと悲しい気持ちになるし、とても残念に思います。「人の振り見て我が振り直せ」。
・皆様、もう一度色々なこと見直してみませんか?台所の洗剤のキャップ、醤油のキャップの閉め忘れ等、うっかりはありませんか?
・車停める場所、どうでしょうか?一つ一つ今回の面談で見直し、自分自身いかがでしょう?

こんな事が皆で共有できたらいいな

・普段は無口なご利用者、訪問中に「○曜日に来てくれるヘルパーさん、丁寧に良くやってくれてるよ。」の言葉に思わず笑みがこぼれました。同じ職場のスタッフが褒められ、嬉しい気持ちになりました。
・ケアノートに≪服薬セット≫と書いてありますが、私は服薬セットとは『次にお客様が服用する薬を卓上等にセットすること』と教わりました。皆さんの認識はどの様なことでしょうか。明らかに服用しただけでセットはしていない時も≪服薬セット≫と書いてあります。
⇒管理者より サ責はケアノート等を確認する事。

こんな事相談してみたいな

・自分で自信が無いケア、不安だなと思うところがあったら、昔は時間が空いているときに(他のスタッフのケアを)何度か見に行きました。皆様は大丈夫でしょうか

管理者より

以前H職員から「外部研修に行けない人はどうするのですか?会社に呼んでください」といった話がありました。外部研修の方を会社に呼んで研修を行うのは費用がものすごくかかります。既にコンサルタントの近藤氏に入ってもらって社内研修をしている事でこれにも費用がかかっています。会社としてこれ以上外部から人を呼んで費用を掛けるという事はできない状況です。そこで、今回「フォローアップ研修ネット配信サービス」というものを会社で契約しました。皆さんに回覧いたします。お金を振り込み次第IDが発行されます。
発行されましたら皆さんに周知いたしますので、どんどん利用してください。自分のための研修です。コンテンツがかなりありますので各自学んでください。
皆さんからの相談にのったことはいろいろ考えています。こういったことをやってもらいたいというようなことがあれば、言ってきてください。

・処遇改善面談について、
面談を終え、皆様が前向きな気持ちを持っているのがわかりホッとしました。ただし自己実現をするために、どうしたらできるかなと自分で考えて成長していってほしいと思います。
面談の中で、スタッフ間でのたくさんの良い事が出ていました。これは会社として良い方向にあるのかなと思っています。

2019.6月事業所会議議事録(抜粋)

こんな良い事見つけた

・休みの日にスーパーで見かけた老夫婦。ご主人がカートを動かし奥様が品物を選んでいる間、待っていた様子。品物を手に戻ってきた奥様が、ご主人にひと言「ありがとう。」きっと、このご夫婦は日頃からお互いに「ありがとう。」を言い合っているのかな?慣れあいの関係でも自然に感謝の言葉が出てくることが、とても素敵だなと感じました。

・通院支援が長引き、次のお客様に遅れてしまう状況をグループラインで報告したらすぐに「私 行けますよ。」と返信して下さったスタッフ。また、私用で休まなければならず、その日が公休日であるにも関わらず、ケアを快く受けて下さったスタッフ。
「お互い様」とは言うけれど、やはり快く受けてくれたことが嬉しく思いました。

・突然の大雨の中、雨宿りをしていたら、見ず知らずのおじいさんが傘を持ってきて「傘をさしなさい。風邪を引いてしまうから。」と快く傘を貸して下さいました。「そんな人になりたいな。」と思いました。
  
・お休みした時に、気持ち良く引き受けて下さったスタッフ有難うございました。
  
・利用者様の一言「痒いんだよな~。」サ責に口頭にて伝えました。次の日に入室され、的確なアドバイスをされ御本人も、すぐに対処されケアマネにも連絡され薬・塗布の許可も出され御本人の皮膚状態も良くなり「良かったよ。」と喜ばれていました。すぐに動いて頂き感謝しています。

こんな事が皆で共有できたらいいな

・利用者様のサービス時間が変更になった場合(その日だけではなく基本の時間)サ責から、ルート表作成の担当スタッフに伝える事を徹底出来ませんか?(気が付いた際は伝えていますが・・・。)サ責会議や時間変更が決定後に報告して頂けると助かります。

こんな事相談してみたいな

・ケア終了後、退室前にチェックされていますか。会議でも度々話が出ていますが相変わらず、やりっ放し等あります。どうしたら、そういった事がなくなると思いますか?
⇒事業所会議の最後にスタッフ全員で話し合いを行いました
  ・毎回、メモに記入しサ責に報告する事とする。(次回の会議まで1ヶ月間)
  ・皆が気をつけていかなければならないと言う方向で行っていく。

管理者より

・サービス担当者会議の日程ですが最終週の13:00~14:30になっています。カレンダーに記載するようにします。
事業所は立ち入り禁止ではないのでトイレ・水分補給等立ち寄って大丈夫です。

・面談について
処遇改善3ヶ月に1回の面談を6月24(月)25(火)の2日間でコンサルタント近藤氏を同席し行う。

・集団指導講習会について
7月1日(月)年に1回の集団指導講習会に反町・工藤が出席する。

・洗車について。
グリーンタント・アルト2は、洗車カードがあり、洗車が(月1回)無料でできます。(2年間無料)
車が汚れていた場合には、掃除用具も準備してあるので各自、洗車して下さい。

・名刺について
スタッフ全員の名刺の作成を考えています。

2019.5月 事業所会議議事録【抜粋】

こんな良いこと見つけた

・利用者様から訪問してくれて話していると元気になると、笑顔でおっしゃってくれた事。
・今回の面談で自分自身の見直しと、気をつけなければいけないところができた。
・ヘルパーになってから初めて友人と旅行に行くための有給を頂きました。気持ちよく交代でケアを受けてくださった仲間にとても感謝です。心も体もリフレッシュでき、明日からまた頑張ろうと思えました。元気に働けることに喜びを感じられるとても良い旅、思い出が宝物になりました。
・以前に比べ、お客様の情報がこまめに報告されるようになった。自分もこまめに皆に報告しなければな。と反省しています。

こんな事が皆で共有できたらいいな

・色々な社用車に乗る機会が増えました。「ワイパーが利かない車が多いな」と感じました。梅雨入り前に全車チェックしませんか?
 ⇒管理者)この件に関してはI職員に一任します

こんな事は無くなって欲しい

・利用者様に自分で自身のことを話すのは構いませんが、他のスタッフの事や会社の事を話さないでほしいです。散々会議で話が出ています。なのに、利用者様から言われて、(そのことを)知っていたり聞いていても、「私は分からない」と言い、「事務所に戻ってない」と話しました。話が出て聞いていてとても嫌な気持ちになります。
⇒管理者)この事例を出した方は後で管理者に詳細を報告に来てください。

平成31年4月 事業所会議議事録

こんな良いこと見つけた

・スタッフ同士で共有ができたこと。

・スタッフ1人1人のチームワークが出来た様な感じがします。

こんな事相談してみたいな

・技術研修・調理実習の研修を考えてほしい。
 ⇒管理者:これは前にサ責に申し出て下さいとお話したと思います。
  
・新しいスタッフが入ってきたので利用者1人1人のグループワーク・意見交換をしてみてはどうですか?

管理者より

・4月は何名かお休みがいますので、また三方からの確認で宜しくお願い致します。
  
・処遇改善の面談シートが各自のトレイに入っていると思いますので、しっかりと書いて面談を行って頂きたいと思います。
職務遂行の書類を皆さんのところへお配りしたと思いますが、よく読んで記入して下さい。
自己をみつめては、各自5W1hを使って記入して下さい。
今後のビジョンとして書いて頂きたいと思っています。もう今出来ていることを目標にもつのではなく、今後これをやってみたいと思うビジョンをきちっと書く。
緩い目標を持っている方が結構いるので自己分析をしっかりとして、やって頂けたらと思います。
弱点を克服するには、いい機会です。今これは出来てないけど絶対にやりたいって言う様な、ちょっと高い目標かもしれなくても、それを掲げていくことによって向上していける。と言う事になります。

・処遇改善について。
皆さんに別紙をお渡ししています。支給の仕方で不満のある人がいるとの話が出ていたので支給の仕方を考えています。
評価でモチベーションを上げる方法等も考ています。
不平不満があるとモチベーションが下がってしまうのが現実だと思います。
会社の方向性、ベクトルを合わせるために個人の能力も評価をしていかなければいけないと、サ責のミーティングで話しました。

・先週サ責の会議をやりました。
言い方、取り方については皆さん違うと思いますけど良い方向へいくように管理者もサ責も対応していきます。
また、皆さんにお願いです。管理者もサ責も人間です。同じ人間なので逆に管理者やサ責がベクトルを合わせないで反対の事を言っていた時にはみなさんが「それ違うんじゃないの?」と言葉をかけて下さい。
そんな時は、ぜひ声をかけてくださればべクトルが合っていくのかなと思います。宜しくお願い致します。

平成31年3月 事業所会議議事録

こんな良い事見つけた

・新しいスタッフが入り、会社の空気が変化した

・久しぶりに外部研修に出席して「認知症」の講義にうなずきがたくさんありました。
家族の問題として悩んでいたり、相談できないこととか少し心が軽くなり、頑張って介護が出来るように見えました。自分を追い詰めずに頑張ります。
   ⇒今回の研修については、後ほど参加した方に研修報告して頂きます。

・スタッフが増えて社用車に乗れないスタッフを見かけた際、スタッフ同士助け合い、自車で行ける利用者様のときは譲り、徒歩訪問での雨の日は送迎したりして助け合っている。
会社から言われてやるのではなく進んでやっている。思いやりですね。このような些細なことを見たり自分がしたりすると、とても心が温まります。

・暖かくなってきたからか、利用者様が「外に行きたい」といわれることが多くなりました(複数名)。気分的に向上していることはとても良いことだと思います。


こんな事が皆で共有できたらいいな

・一人の利用者様に何人ものスタッフが入っていると、手順の統一が少しずれる場合がよくあります。その際サ責に伝え、カンファレンスを沢山してほしいです。

・サ責が新しくなりました。利用者様一人一人の変化の共有を今まで以上に出来たらと思います。

管理者より

・2/28に横須賀市へ処遇改善の提出をしてまいりました。来年度も処遇改善手当の支給をいただけると思います。
3月に期末の面談、4月からまた新たに目標設定をし面談を行っていきます。よろしくお願
いいたします。

・スタッフの増減や利用者増加に伴い、サービスの見直しをしています。ルート上動かしてほしい、ここに入ってほしい等の要望があると思いますが、言っていただかなければわかりません。管理者サイドで全体を見て調整をしていますが、なにかあったら申し出てください。

・3月9日(土)の研修は、平成町の商工会議所の一室を借りて行います。メディケアさんからベッドをお借りしての実技研修となります。車で来場する方は教えてください。前もって、何台入るかの申請をしなければなりません。

・4月から期が新しくなります。研修計画も新たになります。もし来期こんなことをして欲しいなという要望がありましたら、サ責に申し出てください。コンサルタントと研修計画を作成する際に組み込みます。9日に作成しますのでそれまでにお願いします。

平成31年2月 事業所会議議事録

こんな良い事見つけた

・自宅にて古い書類を片付けていたときに、入社当時の会議録が出てきました。入社当時はヘルパーの人数も20名位いました。色々注意点等も記入してあり、再度心に感じました。進捗状況も記入有り今と同じ様な数字でした。今少ない人数で同額とはびっくりもし、私たち一人一人も頑張っているのだな、と嬉しかったです。みんなで頑張りましょう!

こんな事が皆で共有できたらいいな

・ルート表に記載してある配車車両と実際に乗っている車が違うときは必ずルート表を直してほしい(移動支援で使おうと考えていたら車が無かったため。)

こんな事相談してみたいな

・「こんなことなくなってほしいなぁ」で、個人に対しての事であれば、本人に直接言ってあげたらよいのでは?と感じます。それも思いやりではないかと思います。
サ責や管理者より伝えてもらうことも一つの方法だと思います。

・一人一人の利用者カンファレンスを考えていけたらどうですか?カンファレンス用の引き出しがほしいです。

管理者より

・駐車場の使い方、社用車の使い方についてマニュアル作成を検討しています。
意見のある方は直接管理者までお伝えください

・インフルエンザの件です。このインフルエンザが流行っている中、スタッフが発症していない事はすばらしいことです。他事業者や施設では、スタッフが発症したため一時閉鎖をせざる得ない所もあります。これは、皆様の手洗い・うがい等の予防処置ができているからだと思います。今後も気を抜かずこのまま予防をお願いします。

平成31年1月 事業所会議議事録

こんな良い事見つけた

・ターミナルのお客様が今月ご逝去されました。訪問日に最期をご家族様と看取ることができました。後日、ご家族様より会社とスタッフ一人一人にお礼のメッセージを頂きました。
今回、ご本人様とご家族様に寄り添うケアが出来た事。担当スタッフ全員に感謝です。

・聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。オムツ交換について、思い切って会社で聞いてみたところ皆さんが色んな事を教えてくれました。嬉しかったです。そしてすぐにチャレンジしてみた所、キレイにオムツをあてる事ができました。きっと利用者様も快適に過ごせたと思います。常に即答して下さるスタッフ仲間、ありがとうございます。これからもご指導よろしくお願い致します。

・お正月は出勤で「何かあったら言ってね。すぐに対応するようにするから」と言ってくれた一言が嬉しかったです。

・ケアマネより、新しい担当スタッフが、お客様に対しとても丁寧な対応して下さり、お客様ご自身もとても喜ばれていました。とケアマネよりお褒めのお言葉をいただきました。


こんな事が皆で共有できたらいいな

・一人一人のフォローをスタッフ全員が出来たら会社全体が今まで以上に良くなるのでは?と思います。

こんな事相談してみたいな

・駐車場について1月より台数が減ります。事務所周辺のお客様訪問時に必ず、社用車を駐車場に停められるようにしていただけるのでしょうか?
スタッフが戸惑い、無駄な時間を使う事なく、スムーズに停められる様に私も考え提案させて頂きたいと思います。会社も対応をお願い致します。

管理者より

・駐車場、2台分解約することで今後、駐車場のあり方をスタッフ全員で意見を出し合って考えたいと思います。自車で通勤されているスタッフで徒歩、自転車通勤が可能なスタッフは自車通勤を控えていただければとおもいます。宜しくお願いします。

・ルート変更時には引き続き、三方からの確認を徹底しましよう。

平成30年12月 事業所会議議事録

こんな良い事見つけた

・終了したお客様が「皆が来てくれて良かった。楽しかったわ。」と最後に笑顔で言ってくださいました。笑顔で終われることができ良かったです。スタッフの皆様、ありがとうございました。(サ責より)

・お客様の状況変化をスタッフが状況をすぐサ責に報告してくれる事で早めの対応ができたこと。

・自転車でのケア時、周りのスタッフに「明日寒いから気をつけてね。」の一言がありがたかったです。

・スタッフ同士の思いやりの場面を事務所に戻ると見ることが増えた。


こんな事相談してみたいな

・交通費の申請書を変更して欲しいです。通勤交通費をまとめて書きたいです。(自宅-杏の距離は常に同じですので。)。ご検討よろしくお願いいたします。

管理者より

・インフルエンザ負担金支給について(前月の議事録にも記載しましたが、)
①1ヶ月100H超えている⇒100%負担(上限3000円)とします
②1ヶ月100H未満⇒1000円負担とします。

・社内研修について
基本、事業所会議のあった週の土曜日とします。次回は2019年1月12日(土)。

・2019年杏の実カレンダーついて
用意ができました。サービス担当リーダーは随時ご利用者様に配布お願いいたします。

・年末大掃除について
スタッフから8日の会議の前に行ってはどうかとの提案がありました。時間等はこの後検討し、本日中にグループラインでスタッフに周知します。
⇒何名かのスタッフに連絡を入れていませんでしたことをお詫び致します。

・年末の運転業務について
12月は車の事故が多くなります。気をつけて運転してください。


平成30年11月 事業所会議議事録

こんな良い事見つけた

・今月より、新しいスタッフが入社され真剣に取り組んでいる姿を見て自分自身も初心に返った気がしました。慣れてしまったサービスを見直すことも出来て良かったです。

・私事で急にお休みを頂きました。すぐに対応して下さりありがとうございます。急な変更にも「大丈夫よ」と気持ち良く対応してもらえる仲間がいてよかったな。と感謝しています。ありがとうございます。今度、私も笑顔で対応するように心掛けます。

・先月、会社に提案させて頂いた案件(ドライブレコーダー)すぐに対応して下さりありがとうございました。

こんな事は無くなって欲しい

・人を批判するだけではなく、理解してみることはできませんか?

・何事にもその理由、原因があります。根本的なことが違っている場合、何を言っても変わりません。お互いを理解した上で良い方向に導いていってあげるのも優しさだと思います。方法が間違っている場合は、どうしたらいいかを教えてあげて下さい。

こんな事が皆で共有できたらいいな

・新しいスタッフが入り、各利用者様の共有が今まで以上に出来たら良いと思います。

・11月に入り日に日に寒くなってきました。利用者様宅でも暖房を使用される事が多くなってきました。冬でも脱水の心配がありますので水分摂取の声掛けをしてあげて下さい。

管理者より

・ターミナルケアのお客様が多いので、まずは焦らず、緊急連絡表を確認して対応するようお願いします。

・研修については12月より横須賀市コミュニティセンターを利用して行いたいと思います。
次回の研修日⇒12月8日 大津コミュニティセンター決定。
※会議の週の土曜日に予定

※インフルエンザ予防接種の負担金を支給について
・1ヶ月100H超えている⇒100%負担(上限3000円)とします
・1ヶ月100H未満⇒1000円負担とします。

平成30年10月 事業所会議議事録

こんな良い事見つけた

・訪問時にご家族の方から言われた一言が”老い“を感じると寂しそうにされていたご利用
者様から、退室時に「あなたが来てくれると楽しい!!面白いから大好きよ。一週間待って
いるからねっ」と笑顔になられ嬉しかったです。ヘルパーにとっての素敵なご褒美をいた
だきました。

・利用者様から「いつも元気をもらえる。」「気遣いが逆に思いやりをくださる」「心遣い」ちょっとした言葉でとても嬉しく思い、自分自身の心が温まります。

・利用者様が安心してご自宅で過ごせるように、スタッフ同士意見等出し合って話す機会が
増えたこと。

・お客様から教えていただいた言葉です。「働く(はたらく)」と言うことは”楽(らく)”をす
ると言うことよ」…etc. 確かに「働く」の言葉の内に「らく」が入っている。つらい仕事だな~と思ったときも「あっ!今、楽(らく)をしているんだ!!」と思うとなんとなく気持ちが楽になる。昔の人は言葉を上手に理解されていたんだなぁ!と感心しました。

・利用者様が暑い夏を乗り切ったこと。急に寒くなり、これからも体調を崩さずに過ごしていただきたいです。スタッフの皆様、利用者様の体調の変化を継続して観察していきましょう。

こんな事が皆で共有できたらいいな

・新しい実施記録、名前や印漏れがありました。教えてあげるのも思いやりだと思いますがそれが続いたらきっと面倒になってくると自分自身が思いました。自分も気をつけますが、前回の自身の記入を見直すようにしたらいかがでしょうか。

こんな事相談してみたいな

・社用車にドライブレコーダーは設置しないのですか?昨年スタッフが事故を起こした際に話題になりました。(社用車の事故やぶつけた時などについて。)自損事故時の免責等細かく決めていただきたいです。雪や台風等でも出勤しなければいけない時ってありますよね?
→ドライブレコーダーは今月中に全社用車に設置予定です

・以前もお話しましたが、利用者様のサービスに入っていないサ責ですが、最低月に1度は訪問して欲しいです。利用者様から「リーダーなのに顔を見せない」と何度か耳にします。

管理者より

・ここのところお客様が急にキャンセルになったり、利用中止になったりして時間が空いてしまうスタッフも多いと思います。空いた時間を有効利用するためにも、内勤を申請する書類(内勤申請書)の作成を考えています。詳細が決まりましたらお伝えします。

・研修のあり方ですが、今まで事業所会議の後に研修時間を30分取って行ってきましたが、今後は月に一度土曜日の14:30から一時間半ほどの予定で組んで行きたいと思っています。(研修1h+質疑応答その他0.5hを予定) また、場所も行政センターなどの会議室を借りてきちんと研修体制を取れるような形で行う予定です。習い事やその時間都合の悪い方は申し出てください。事業所会議は変更無しです。

平成30年9月 事業所会議議事録

こんないい点見つけた

・利用者様に対して、数人のスタッフが入っていますが次のスタッフへの思いやりを一人一人のスタッフが行っているのでスムーズにサービスが行えるので助かります。

・まとめ作りで、小分けし、冷凍保存をして下さる時に一個一個にメニュを記入してくれることで、とても使いやすくして下さっています。大変な作業ですが、使用される方の事を考え、思いやりに感謝です。

こんなこと無くなってほしい

・悪い事ばかり取り上げずにそっと教えてあげるようになって欲しいです。完璧な人なんていないのですから。そして教えてもらった方への感謝も忘れないで欲しいです。

クレーム事例共有・【クレーム撲滅】

・社内のこと、スタッフのことをお客様宅では話さないこと。聞きたがるお客様もいます。聞きたくないお客様もいます。なぜ話してはいけないか、個人情報保護と機密保持を守ることは、誓約書を入社時に交わしています。話すことは違反になります。
気をつけて下さい。

管理者より

・ルートでここのルートは厳しいとおもっている方は申し出てください。お客様で、時間変更が出来るところはお願いしていきたいとおもいますので宜しくお願いします。

・実施記録の運用方法が決定しました。8月から実施すようになりますが<サービスの取り扱いについて>を各自、目を通して下さい。記入に際して分からないことがありましたら、管理者、に聞いて下さい。

・研修のあり方を変えようとおもいます。講師の方にお願いしていますが時間が会議の後だと十分な時間が取れないため、研修方法を検討していきたいとおもいますので、各自、提案お願い致します。

平成30年8月 事業所会議議事録

こんないい点見つけた

・夏になり、ヘルパー一人一人が水分摂取を心掛けている。今年も未だ熱中症になったという利用者様がいないのは、ヘルパーが各々水分摂取の促しをしているからではないかと思う。
・私事で急にサービス変更をしていただいたことありがとうございます。代わっていただいたスタッフの方、とても助かりました。

こんなこと無くなってほしい

・時間変更やスタッフ変更時に三方からの連絡・確認が徹底されておらず、利用者様に迷惑をかけてしまい、気をつけなければと再度思いました。申し訳ございません。

平成30年7月 事業所会議議事録

こんないい点見つけた

・訪問すると、ほとんどの日に暗い顔で「体調が優れないよ」とおっしゃる方がいるのですが、前回訪問時、とてもにこやかにすっきりした顔で迎えて下さいました。「今日はとっても調子がいいよ!!」と話されたその笑顔がとても素晴らしく嬉しくなってしまいました。お客様の笑顔って本当に良いものだなぁと実感させていただけた日でした。

・来月、施設に入るお客様がいます。「今までいつも八つ当たりをしてごめんね。そしてありがとう」とおっしゃって下さいました。
 
・ちょっと癖のあるお客様を私とスタッフAさんで担当しています。お互いに報告し合い、時間短縮の工夫をするなど良い方向に向かう事が出来るようになりました。スタッフAさんいつもありがとうございます。

・担当スタッフでカンファレンスを開催することで、担当スタッフ全員で共有ができて、以前よりもよりよいサービスを提供することができました。お客様も一層安心されています。

・利用者が不安になる時の対応をサ責に質問し、答えを頂きました。相談して良かったなぁ。と安心して訪問することができました。

こんなこと無くなってほしい

・事務所に戻ってきて、挨拶をしても挨拶をしないスタッフがいます、「お疲れ様です。こんにちは」の挨拶ができるようになりましょう。

・社用車を戻す際、私物を置かないで片付けてほしい。戻す際は確認して下さい。

・サービス終了後、使用物は元に戻し、整理整頓、確認してほしい。

・三角コーナーを洗って退室してほしい。小バエが発生します。

皆で共有できたらいいな

・利用者の調理にて、苦手な食べ物や味付け等、情報を会話の時に聞けた際、担当スタッフ全員で共有できるようにしてほしい。知らないで、いつまでも調理していると利用者様に迷惑がかかると思います。

管理者より

・ルートの変更があった場合は、三方(①サ責②変わってもらう人③変わる人)からの連絡を徹底していきましょう。サービス内容が曜日によって違う場合がありますので変わってくれるスタッフに合わせて伝えて下さい。

・6月に面談を行いましたが、記載用紙の再提出のスタッフは提出お願いします。

・夏になり、連日暑さが続いています。制服が足りてないスタッフは申し出て下さい。

・今回、コンサルタント(近藤様)を採用しています。運用等、相談しながら行っていきます。

・8月1日体制加算2を取る予定でいます。

・8月はお休みを取るスタッフが多くおり、ルート調整し、なるべく希望通りにお休みが取れるようにしていきたいとおもいます。

平成30年6月 事業所会議議事録

こんないい点見つけた

・入院していたお客様が退院され、特段食(ミキサー食)対応となり、担当スタッフ全員が自己で調べた情報やアイデア等を提供してくださり、ご本人も食欲があり、回復に向かっています。ありがとうございます。

・利用者様の担当スタッフ内でアドバイスや情報提供、思いやりが増え、スタッフ間で笑顔が増えた。

・利用者様より自費依頼があり、部屋を片付けたとき、「部屋がとてもきれいになった、ありがとう」と言われ、他事業者の方にも「よく頑張ったね、大変だったと思うけどお疲れ様」と言われ嬉しかった。

・ケアについてのアドバイスをもらうことが増えてきました。

・生活援助で同行させていただいたとき、丁重かつ無駄の無い掃除の仕方をされていて、とても勉強になりました。

こんなこと無くなってほしい

・何か一つでも話すと犯人捜しをする人がいる。やめてほしい。→「助け合いが必要です」

・事業所は遊びの場所ではないので、あだ名で呼ぶのはやめましょう。

皆で共有できたらいいな

・注意しあえるようにしよう。反省しよう。確認しよう。信頼しよう。

・人の振り見て、自分でスキルアップしよう。

・季節の変わり目です。お客様の健康管理はもちろん、自己管理も忘れずに。

クレーム事例共有 ・クレーム撲滅

以前も議題に上がりましたが、【スタッフの仕事の探りあい】はやめましょう。事業所への不信感につながります。

管理者より

・6月は面談がありますのでよろしくお願いいたします。「話したいこと等考えて、メモしておいてください」
 
・≪再確認≫
ルート変更の際は、①変わってもらう人、②変わる人、③サ責、の三方向からの確認をしていきましょう。

平成30年5月 事業所会議議事録

こんないい点見つけた

・何年ぶりにお会いした利用者様が、顔と名前を覚えていてくれてとても嬉しかった。
  
・同行訪問で同行チェックシートをチェックする側になりました。記入方法で「こんな記入を残したら誰が見ても後で参考になるなぁ」と思える方がいらっしゃいました。参考にしたいと思いました

こんなこと無くなってほしい

・同行シートを提出後、次回サービスまでに戻してほしい。

皆で共有できたらいいな

・利用者から転倒したとの訴えあり、痛みと腫れがあり、サ責に電話繋がらず、ご家族に連絡。「承知しています」との返事。状況報告書を提出。サ責「知っています」との返事。連絡ノートにも記入なく、ヘルパー共有の連絡も無かったです。その時は、腫れてなかった、家族へ連絡したからでは無く、皆で共有出来るようにしていただけたらと思います。
そして私も気をつけようと思いました。

・利用者様の件で、報告、連絡などをしますが、「知っているわ」「そうよ」と言われことが何度かありました。知っているのなら教えてくださると助かります。

・利用者宅にての出来事をサ責に伝えると「知っていたわ」と言われました。利用者様の変更などがあったら教えてほしい。

クレーム事例共有 ・クレーム撲滅

・<こんなこと無くなってほしい>で、同行チェックシート提出後、指導者、サ責が最終チェックを行い、次のケア時までに戻すよう徹底する。
 
・<皆で共有できたらいいな>で、3件とも同じお客様か?お客様の状況が共有できておらず、サ責のみが知って、担当スタッフへの連絡がないこともあり、お客様の変化やサービスにおいて知らなかった!とか知っているわ!とかでは担当スタッフ全員に伝わっていないことが多いのではないか。サ責はスタッフからお客様の変化等の連絡を受けたら、担当スタッフ全員にLiNE等の連絡網で連絡し、全員で共有するように徹底する。

管理者より

・今回、《こんなこと・・・》の提出が4名でした。会社の引越し等で忙しかったから提出できてないのが現状かとおもいますが、提出物は必ず月末までに提出お願いします

○○スタッフより

・今年度子供の小学校のPTA委員を受けました。皆様にご迷惑をお掛けする事もあるかと思いますが、その時はよろしくお願いいたします。

平成29年5月 事業所会議

こんないいことみつけた

・代行で入った利用者様から、いつものヘルパーが良くやってくれていると感謝されているのを聞いて、私自身嬉しく思い、自分も頑張らなくてはと思いました。

皆で共有できたらいいな

お客様宅に1日に2~3回入る場合、時間内であれば(早く切り上げるのではなく)次のヘルパーのことを考えできることを一つでも行うことで、より良いケアができていくのではないか。

こんなこと相談してみたいな

・調理実習等、会社内で行う行事は玄関などの掲示板を活用したらどうか。



 

研修レポート

2019年7月6日 認知症ケア・コミュニケーション編 研修

認知症ケア・コミュニケーション編

2019年7月8日 大津コミニティーセンターにて(株)SOL近藤講師を招いて認知症ケア・コミュニケーション編 研修を行いました。

認知症の方を理解し、最適なケアを検討するための手法である『パーソンセンタードケアー』に対して『バリデーション』『ユマニチュード』具体的なコミニケーション方法です。
共通しているのは、認知症の人もそうでない人も、「尊厳ある個人」として、対峙する事を基本としている点です。

2019年6月8日 個人情報 ・プライバシーの保護 研修

個人情報 ・プライバシーの保護

2019年6月8日 大津コミニティーセンターにて(株)SOL近藤講師を招いて、個人情報 ・プライバシーの保護の研修を行いました。

プライバシーと個人情報は同義ではありません。
介護サービスは、ご利用者様及びそのご家族様等の個人情報・プライバシー情報をもとにサービスを提供します。
介護の仕事は利用者の『私的な領域』=『プライバシー』に立ちいらない限り実践出来ません。

本来であれば知られたくない情報もありますが、介護職として嫌味なく聞きだすテクニックを身に付け、相手から話してくださる信頼関係が構築できることにより、寄り添うケアができるのではないでしょうか。
ご利用者様ののプライバシーに深くかかわりながら、侵害することなくサービスを提供する為の配慮を忘れないようにしましょう。

2019年5月11日 介護現場における接遇

介護現場における接遇

接遇とは、業務上のお客様(ケアマネジャー・第3者の関係者等)に対するサービス。態度・言葉遣い・おもてなしを含む、広い意味での待遇。
マナーとは相手のためにするものであり、自分の為のものではありません。
介護はサービス業です。
これまでは、「介護行為=利用者に行う自立支援」だけをさしており、マナーや接遇は、全く別の業務スキルとして考えられていました。
現在は、マナー接遇を本来行うべき業務に加えることにより、円滑な業務遂行・関係者との信頼関係構築が期待できると考えられています。

※身だしなみとおしゃれの違い
自分の満足の為が、「おしゃれ」であり「身だしなみ」とは相手のためへの心遣いです。
(身だしなみとは、初めてお会いする利用者様からの第一印象など良いコミニケーションを取る為に必要な第一歩です。)

※本日の研修では、
電話応対マナーも学びました。
(講師が突然のシュミレーションを行いスタッフ『ドッキリ・ビックリ』)
シュミレーションを行ったスタッフから、一言コメントをいただきました。
Aさんコメント
とっても勉強になりました。
Bさんコメント
講師から突然指名されいきなり頭が真っ白になりましたが、周りの仲間が助けて下さり乗り切れました。良い経験が出来とても勉強になりました。

2019年4月6日 在宅介護のための感染症基礎知識 研修

在宅介護のための感染症基礎知識

4月6日大津コミュニティセンターにて、
㈱SOL 近藤講師を招いて、在宅介護のための感染症基礎知識の研修を行いました。

[研修の目的・ねらい]
・感染症の基本的理解
・シーンにあわせた感染症対策が実施できる

感染症の基礎知識
①どのようにして病原微生物が病気を起こすのか?
②病原微生物から身を守るには?
③具体的な予防策(介護別予防策・疾患別予防策)

抵抗力が落ちている高齢者や寝たきり状態のかたと接する介護の場面では特に病原微生物に対する正しい対応が求められます。
ただし、必要以上に神経質にならず、要介護者の状態にあった感染予防策を行うことが大切です。

訪問先では、どんなに忙しくても基本操作・行為を省略せず、常に落ち着き、変化を見逃さないようにしましょう。
感染予防をする事で、ヘルパー自身やご利用者様はもちろん、同居のご家族様を守る行為につながります。

2019年3月9日 介護技術と生活援助・オムツ交換 研修

介護技術と生活援助・オムツ交換 研修

株式会社SOLの近藤講師を招いて 身体介護ケア・自分のケアを見つめ直す研修を行いました。
訪問介護は、ひとりでケアをする事が多く間違った動作をしていても気がつかず、お客様や自身の負担になっている事があるかもしれません。
今日は、車椅子からベッドに移乗し、オムツ交換の後にカーディガンを着衣し、水分補給をする。と言う一連の流れを一人づつ発表しました。

緊張のあまり動作が止まってしまうスタッフや、発表終了後に拍手が起こる介助等、普段体験ができない仲間のケアをみる事が出来ました。


・リスクの洗い出しと対策

・動作一つ一つを分解し組み立てる

・状況に惑わされない動作をする


各々が自分のケアを振り返り見直す事が出来る貴重な研修になりました。

平成29年4月 スタッフ自ら参加者を集い調理実習を行いました

参加者の感想

・初めての調理実習をしましたが、とても勉強になってよかった。調理実習をすることにより、アレンジすることができたので良かったです。

・初めての調理実習できたことは良かった。いろいろと戸惑い、反省点もありますが、楽しい時間でした。これから参考にしたいと思います。

会社から一言

・スタッフが積極的に自身のスキルアップのために努めていること。空き時間を利用し、参加を呼びかけて調理実習をされたことです。これからは、スタッフの意見を聞きながら、スキルアップにつながるよう、実習や研修を企画していこうと思います。

TOP